駆逐艦 響(1935) / Destroyer Hibiki

駆逐艦 響 Destroyer Hibiki 1/700 ピットロード PIT-ROAD 駆逐艦 / Destroyer
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD

 日本海軍の艦艇は灰色がベースの艦が多く色のバリエーションを付けるのが難しいです。当サイトでは省力化のため既存の缶スプレーで塗装するので、エアブラシ使用のような微妙な色の変更はできません。缶スプレーの種類を変えて何とかバリエーションを出すべく工夫している次第です。

その中で、今回紹介の特型駆逐艦III型(暁型)の2番艦の響は開戦前に塗装実験を行っていたため、このようなオリーブ色での塗装例があるそうです。参考文献にも載せた、世界の舷窓からのP7を参考にしました。この時期の特型駆逐艦III型は魚雷発射指揮所が独立した階層に設置されたため非常に大きな艦橋をしています。その後トップヘビーの解消のため艦橋は小型化され他の駆逐艦同等かやや小ぶりに改装されています。

 ヤマシタホビーの特型駆逐艦III型はいずれも開戦直前の1941以降の姿となっていますので(2020/9現在)、この時期の模型を作るにはピットロード製とタミヤ製の2択となります。タミヤ製は1972年に出された古い模型で、(小学生のころに作りました)、当時は画期的な模型でしたが古さを隠せないのでピットロード製を選びました。

 この模型は艦橋は改装前後の両方の形状のものが選択できる優れものです。船体はさらに後発のヤマシタホビー製のものがベストなので、余裕のある方は艦橋のみコンバートしてピットロード製に載せ替え、残りの部分は改装後の艦橋もしくは、ヤマシタホビーの艦橋を載せ替えることも出来るでしょう。

駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD

模型水線長 16.8cm
マストを金属線に交換

駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD
駆逐艦 響
Destroyer Hibiki
1/700
ピットロード
PIT-ROAD

ピットロード 1/700 駆逐艦 響
PIT-ROAD 1/700 Destroyer Hibiki

発売年:2007年
同型艦の他社模型(発売年):タミヤ(1972)
竣工直後の特型III型はヤマシタホビーからは発売されていません。(2020/10現在)
 ピットロードの響のキットは1945年の状態で、今回紹介のものとは違いますが、必要なパーツは全て含まれているので作製可能です。

<Amazon>
ピットロード 1/700 日本海軍 暁型 特III型 駆逐艦 響 1945 W104

<楽天>
1/700 ワールドウォーシップシリーズ 日本海軍 特型駆逐艦III型 響【W104】 ピットロード

タイトルとURLをコピーしました