潜入!キャラモデル

潜入、キャラモデル、艦隊これくしょん、アルペジオ

艦隊これくしょん(艦これ)

 現在の1/700艦艇模型の充実には、艦これ(艦隊これくしょん)の貢献が非常に大きいです。艦これとは旧海軍等の艦艇を擬人化した、いわゆる萌えキャラが出るオンラインシュミレーションゲームです。

 人気に伴いアニメ化もされており潜水母艦大鯨給油艦速吸空母あきつ丸等のマイナーな艦が模型化されたのはまさしく艦これのおかげでしょう。

 管理人は疎かったのですが、模型店や書店で関連製品を目にすることも多く、存在はもちろん知っていました。

 アオシマからの新モデルがまずは艦これ製品として先行発売され、その後に通常版が出ていたケースもあり、新モデル発売は大歓迎なものの、早く通常版を出してほしいと思っていました。今回、艦これバージョンを入手する機会があったので紹介します。

 購入したのは軽巡洋艦那珂です。経緯は那珂を購入しようとAmazonで検索の所、通常版よりも結構安価に買えることが判明(2020/12月現在)。模型自体の内容は同じであろうと購入しました。艦これ版はいずれもアオシマブランドで発売されています。

 ここ数年の1/700艦艇模型への力の入れ具合としては、ウオーターラインシリーズの3社(アオシマ、タミヤ、ハセガワ)の中では、アオシマさんがダントツなので妥当ではないでしょうか。

 模型は通常版と同じものが入っており、当然ですが、那珂を1隻作製できます。通常版と異なるのは、設計図(背面)、エッチングパーツ(左下)、シール(上)、カード(右下)です。重要なので強調しておきますがフィギャーは入っていません!。

 この中で、艦これファン以外にもポイントが高いのが設計図です。写真の通り各パーツがどのような装備であるかの解説が大きな文字でされています。私も探照灯の90cmと110cmの違いはわかっていませんでした。これは初心者にも親切で、すそ野を広げるのに役立つと思います。

艦隊これくしょん
那珂
1/700
シール(上)、エッチングパーツ(左下)、カード(右下)
艦隊これくしょん
那珂
設計図
1/700
設計図

 これ以外は完全にファンアイテムで、彦摩呂風に言えば”好きな人にはたまりませんな~~“の世界です。エッチングパーツのネームプレートなどは出来が良く、艦これに特化した展示台をつくる場合に使えそうですが。これらのおまけ要素に付加価値を見いだす方は買いだと思います。

 那珂だけで判断するのはどうかと思い、アオシマの艦これページを見直した所、艦これファン以外の通常モデラー(私のような)にも模型そのもので役立つ要素があることを知りました。食わず嫌いせずに調べてみるものです。

 その1:通常版では限定版扱いのためネット通販、店頭とも入手が困難(2021/1月現在)な軽巡北上(重雷装艦仕様)と、軽巡大淀の竣工時(1943)が艦これでは定番モデルでして購入できる模様。これらの模型の入手を逃し探していた方には朗報です。

 その2:模型によってはエッチングパーツとして電探、艦載機用プロペラ、水上機運搬架台、カタパルト、デリック等のディテールアップパーツが入っています。(明石、大鯨、大鷹、秋津洲、あきつ丸など)。ホームページを見る限り、こうしたバーツが付いている方が多数派のようです。 

 那珂が通常版よりも安かった(要は値崩れした)のはこれら模型作製に流用できるエッチングパーツが付いておらすファンアイテムだけになっていたためかもしれません。

 その3:艦これ専用の模型有り。長門は大戦中と屈曲煙突時代の2種類が艦これ版として出ています。屈曲煙突時代は通常版とは異なり、第2砲塔上に航空機運用のカタパルト(しかもエッチングパーツ!)を装備した状態が模型化されています。またこのときに運用された偵察機も付属しています。

 私は屈曲煙突の長門(通常版)を既に2隻購入済みで、1隻をストレートで、もう1隻を竣工時に改造して作製済みですが、この模型を追加で買うべきか迷っています。仮に通常版を持っていなかったら確実に即購入しています。

 余談ですが、いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)で魅力的なキャラ揃いです。模型が出ている中では大鯨のキャラが好みでした。ゲーム内容も艦艇好きには面白そうなので手を出すと思いっきりはまりそうで怖いです。そうなると当サイト運営/更新の時間がなくなるので我慢です。

 艦これ版の安価な那珂はAmazonのサイトから無くなっていました。今回はたまたまタイミングが良かったということでした。(2021/4更新)

蒼き鋼のアルペジオ

 蒼き鋼のアルペジオも、艦船が擬人化された美少女キャラが登場する作品です。知名度では艦これに譲ると思いますが、2013年開始の艦これより以前の、2009年より漫画が連載開始されアニメ化もされています。

 正確には判りませんが戦闘艦艇の萌えキャラ擬人化を考案した最初の例かもしれません。そうならば、続く艦これによる艦艇模型拡充の重要な貢献者です。大げさでしょうか??。

 アルペジオのコラボ模型も購入する機会がありましたので、内容を紹介します。

 アルペジオの模型(全18種)も艦これ同様アオシマブランドで発売されています。この中で私が購入したのは軽巡由良です。由良は現時点(2021/1)でも通常版でのインジェクションキットが出ていませんが、これがコラボのモデルで出ていたのが驚きです。

 由良が属する長良型はウオーターラインではタミヤの担当なので、タミヤ×アオシマのコラボ製品になっていました。ベースモデルはタミヤの軽巡鬼怒です。鬼怒は艦橋の形状が若干由良と違うだけなのでベースとしては最適です。

 この模型には艦橋の違いを再現するためのパーツ(簡易インジェクション?)が付属しています。由良を作りたいと思っていた方はこのパーツ(下写真左)を入手するだけでも買う価値は十分ありです。

蒼き鋼のアルペジオ
1/700
模型
由良
本体以外の同封パーツ 左)由良改造用のパーツ、右)練習巡洋艦鹿島のパーツ

 これ以外にはアオシマの練習巡洋艦鹿島の一部のパーツ2組(上写真右)、デカール、デカール用説明書、エッチングパーツが入っています。

 アルペジオでは主人公側が伊400型の外観を持つ潜水艦(プラスこれを擬人化した女の子)のためか、敵(由良もその一隻)には対潜兵装が多く設置されているようです。これを再現するためアルペジオでの由良は鹿島パーツ中の爆雷装填台を艦尾に設置する指示になっています。

 実史での由良を作るには使う必要ないですが、大戦後期の改装などで良く使うパーツで、出来も良いので持っていて損はないです。

 エッチングパーツも艦尾の(漫画で登場の)爆雷兵装を表現するためのものです。従って、これも普通に由良を作るにはつかいません。しかし、通常のディテールアップとして流用可能です。

蒼き鋼のアルペジオ
1/700
模型
由良
エッチングパーツ、デカール、設計図

 デカールは本作品に出てくる艦“霧の艦隊”なる敵の謎の模様?を表現するものなので、普通のモデラーには用無しです。しかし、迷彩パターンとして格好いいと感じました。

 艦これ模型と比べてキャラ要素は少ないですが、他の模型の同梱パーツのデーターが公式HPにはなかったので不明点多いです。ただ、軽巡由良を入手できたのは良かったです。

 しかし、キャラモデルとして紹介しておきながら、何と由良には女の子(萌えキャラ)の設定はされていません。アルペジオでキャラが設定されているのは帝国海軍の戦艦、重巡洋艦のみとの事です(主人公含む伊400型除く)。

 これでも30隻もあるので一人の絵師さんでキャラを描き分けるのは大変だと思います。艦これでは複数の絵師さんがキャラを担当したのは英断だと思います。

 キャラモデルには興味なしと硬派を自称するあなたも、一度調べてみてはいかがでしょうか。ここで紹介した以外にも通常のモデラーにプラスになることがあるかもしれません。

 その結果、艦これやアルペジオにはまっても当サイトでは責任負いかねますが。

Amazon
青島文化教材社 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- No.12 霧の艦隊 軽巡洋艦 ユラ 1/700スケール プラモデル

楽天
青島文化 AOSHIMA 1/700 艦隊これくしょんプラモデル 04 艦娘 軽巡洋艦 那珂

タイトルとURLをコピーしました