海中の新表現法

潜水艦 伊156 Submarine I-156 1/700 アオシマ Aoshima

私は材料メーカーに勤務しており新製品、新技術の開発の仕事をしています。

 人間がやることなので、仕事と趣味と完全に分離ということにはならずに、どうしても趣味と関連づきやすくはなります。そこで見つけた方法がこの潜水艦の展示方法です。

 勤務先では粘土鉱物という材料を製造、販売しています。
 用途はいろいろあるのですが、その中の一つに増粘材という液の粘性を高める(ドロドロにする)ものがあります。

海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
呂-500
Ro-500

 この特徴を生かし、皆さんの身の周りでも化粧品、歯磨き、塗料などに入っています。

 これを毎日近くで見ていたところ、この粘土鉱物を水に分散させた材料が、潜水艦の展示に使えるのではと気づきました。公表例は伊156波104まるゆ1001型伊53伊41です。(2022/6)

 水中ジオラマ用の材料としては、硬化系樹脂(流し込んだあと、化学反応で固めることができる樹脂)が使われています。

 管理人は硬化系樹脂をつかった材料の開発経験もありますが、モデラー目線での硬化樹脂の欠点は、

1)見た目にきれいな硬化物を得るにはコツがいること、
2)硬化させたあとはリカバリーできないこと 

 が挙げられます。1)は硬化不良や、体積収縮、気泡や異物の混入などが日常茶飯事です。特に気泡が厄介です。これ以外にも、時間とともに硬化状態が変化し粘度が大きく変動する問題もあります。 

 特に気泡混入が厄介で、入った状態で硬化が完了すると、2)の通りリカバリーができません。最悪丹精こめて作った模型が全損という悪夢に見舞われます。

 ところが、今回紹介の、合成粘土/水分散液は硬化樹脂とは違い、以下の特徴があります。

硬化物ではない事による利点を列記すると
・ 模型を全損する失敗が起きない
・  模型やエフェクト(魚雷の推進泡)など位置を随時、任意に変更でき、好みの構図を作れる
・ ジオラマの大敵、気泡が混入してもスポイトで除去可能
・   特殊な流動特性(チキソトロピー性、静置時は高粘度、動かすと急に低粘度化する特性)をもつ。そのため、容器への充填は容易だが、静置するとは高粘度化し模型の位置を固定できる
・   模型の取出し(模型の再利用)が容易。液の再利用も可能。
・   硬化収縮などの寸法変化は発生しない
・   水彩絵の具を使った着色可。部分的な着色もできる

海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
伊-16
I-16
位置を任意にきめられます。甲標的にご注目。伊16
海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
伊-52
I-52
綿を使った雷跡表現 伊-52

+αで特殊な光学特性を持つ点
・  光散乱機能(レイリー散乱: 青空や、夕焼けを起こす光学現象)を持つ。ライト照射により色々な表現が可能
・ 上方からの白色LED照射により海中のような青色の表現が可能
・ 分散した粘土鉱物が短波長の青色を全方向に散乱するため(青空と同じ原理)
・  光が分散液中を通過すると長波長の赤色のみが透過する(夕焼けと同じ原理)
・ 表面の凹凸に応じた、光の帯を表現できる

海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
伊-52
I-52
光未照射
海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
伊-52
I-52
白色LEDライトで照射
海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
伊-52
I-52

その他特性
・  基礎化粧品の組成に類似した安全な材料で構成されている
・  臭気なし。かぶれなどの皮膚への影響もまず発生しない
・  水の揮発がないように密封すれは、長期間の保存が可能
(模型展示実績は約10か月だが、半永久的な保存も可能と想定)
・   透明硬化樹脂とくらべると安価

と以上の利点が挙げられます。

一方、硬化物でないことによる欠点として、

・ 水漏れしない透明容器が必須
・   強い振動があると模型の位置がずれる。輸送には不適。
・   金属塊などの高比重の材料の場合には、位置が維持できない
・   空気・液界面に造形を施す余地が小さい
・   水の揮発すると、空気界面や、液内部の状態が変化する。
(水の揮発をなくせれば変質しない。また、水の追加により復元可能)

その他の欠点、想定されるリスク

・ 透明硬化樹脂よりも透明性が劣る
・   粘土鉱物が金属(アルミニウムなど)と反応し表面が変質する恐れがある
・   水が主体のため、吸湿性の材料では吸水劣化する恐れがある   (木材など)  

このような材料ですが、特徴を生かし使いこなすことができれば面白い表現が可能だとおもいます。

 管理人の興味ではどうしても潜水艦模型になってしまいます。しかし、スケールモデルのしばりを外せばガンダムなどのキャラクター系模型の他、本格的な水中ジオラマにも展開できると考えています。

 ご興味あるかたは、お問い合わせ入力フォームよりご意見など、お寄せください。

海中の新表現法
new method for subsea
アクニス
Aqunis
呂-500
Ro-500
タイトルとURLをコピーしました