もう1基の澤風タービン??

もう1基の澤風タービン

 福島県いわき市の小名浜港には峯風型駆逐艦2番艦の澤風が沈船防波堤として沈められていましたが、今は引き上げられています。同型艦の汐風は現在の防波堤の一部として残っています。

 偶然ですが、いわき市内某所の住宅街に澤風のタービンと思われる金属部品があるのを見つけました。同市の三崎公園に澤風のタービンが屋外展示されていますが素人目にはそれと同一物です。

 三崎公園のものとは異なり、地面に近い部分のカバーが無く輸送時に接触したのかタービンブレードが破損し歪んでいますが全体の形状は保っています。また、軸受けと思われる部分も残っています。なお、周囲に説明書き的なものは無かったです。

もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市

 Wikiによると沈船防波堤として小名浜港に沈められていた澤風が引き上げられ、しばらくスクラップとしていわき市小名浜の公民館屋外に放置されていました。

 その後、有志により三崎公園にタービン1基が設置保管されたが、錨などの他のパーツが散逸したとの記載がありました。その一部かもしれません。

 場所は主要道路から奥まった場所で気づきにくいです。私も自転車だったので気づきました。地元の方には風景として馴染んでいたのかもしれませんが、私的には衝撃的だったので紹介しました。(2021/2)

もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
駆逐艦峯風 箱

 峯風型駆逐艦(ピットロード)の箱の説明書です。峯風型は確かに蒸気タービン2基とあります。2021/4に一部写真を追加して、聖地巡礼小名浜港の記事から独立させました。個人宅前に置かれているものなのでなるべく周囲が写らないように写真をトリミングしています。ご了承ください。

 もう1基のタービンが残っていたのだとすると大変喜ばしい事です。屋内で保存されると更に良いのですが。

 2021/4に再度訪問してきました。前回は偶然通りがかったのでスマホでしか写真が取れませんでしたが、今回は天気の良い日を選び一眼レフ持参です。

 前回よりも丁寧に周囲の写真を撮影しました。三崎公園の展示にはない軸受け部分らしき所にオリジナルと思われるプレートも残っているのに気づきました。<W.T.P.50LBS/□18/9/7>との刻印が読み取れます。

もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
写真右側の軸受けの端にプレートあります。
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
プレート

 末尾の数値の方は1918/9/7とすると、澤風の起工が1918/1/7,進水が1919/1/7とあるので丁度その間になります。タービンのメーカーはwikiによると、Parsons Marine Steam Turbine Company という英国の会社だそうです。その会社のタービンブレードの写真が載っていますが、まさにこの写真と瓜二つです。

  ここでLBSとは重量の単位ポンド(英国ではポンドを使用)、□とは単位面積とすると、50LBSは1ポンド454gなので、22.7kgになります。□が1cm2と仮定するとタービンの圧力が22.7kg/cm2となります。

 最新の蒸気タービンの最大入口蒸気圧力は130kgf/cm2g(新日本造機株式会社のHP)とありこの差は、ここ100年間での技術進歩によるものでしょうか。

 W.T.Pはよく判りません。この略号で近いのは見つかっていません。後の数値の状態からPは圧力Pressureの可能性が高く、蒸気タービンはSteam Turbineですが、水蒸気はWater vapor とも言いますので、Water vapor  Turbine Pressureの略かもしれません。(こじつけっぽいですが。)

 つまり、蒸気圧力50ポンド/cm2 1918/9/7 の性能試験の刻印でしょうか。1枚のプレートからいろいろ想像を膨らませてみましたが、オリジナルプレートと考えても矛盾がなさそうです。

もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
機能美を感じさせます
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
もう1基の澤風タービン??
駆逐艦澤風
いわき市
住宅街が感満載です。

 下の写真はいわき市小名浜公民館です。wikiによると引き上げられた澤風の部品はしばらくは小名浜公民館前に置かれていたそうです。

 もしかしたら何か遺物が残っていないかと一周してみましたが70年以上前の話なので成果無しでした。訪問時はコロナウイルス流行の移動制限で閉館中でした。

 この中にある図書館には澤風、汐風の設置に関する資料を収蔵しています。その資料のコピーを入手済みで紹介記事としてアップしました。澤風、汐風の設置工事詳細をご覧ください。(2021/8)

 

福島県いわき市
小名浜公民館

タイトルとURLをコピーしました