艦NEXTレビュー3(秋月型)

フジミ模型艦NEXTシリーズ 駆逐艦 秋月、初月 FUJIMI Kan-Next Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki

 
 フジミ艦NEXT多磨のレビューで予告通り、今回は秋月、初月を紹介します。秋月型はキットに恵まれてますが、管理人保有の秋月は同じフジミ製ですが竣工直後の状態なので、本キットの1944年とは大分異なっています。

 また、セットの初月は秋月と別の成型色になっています。多摩では未塗装組み立てを断念したので、今回は船体の未塗装組み立てに再挑戦しました。

 まずは艦艇色未塗装の素組でどんな感じになるかが下の写真です。

 甲板のリノリウム部分だけは元の色が濃すぎるので、GSIクレオス43、ウッドブラウンのスプレーで塗装しています。25mm三連装、単装機銃と煙突上部を除いて説明書通りに組み上げた状態です。

 1隻約1時間でここまで組みあがります。無塗装、接着剤不要キットの時短効果は恐るべしです。オプションパーツの通風塔は使っていません。

フジミ模型艦NEXTシリーズ
駆逐艦 秋月、初月
FUJIMI Kan-Next 
Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki
フジミ模型艦NEXTシリーズ
駆逐艦 秋月、初月
FUJIMI Kan-Next 
Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki
フジミ模型艦NEXTシリーズ
駆逐艦 秋月、初月
FUJIMI Kan-Next 
Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki

 全体的な精度、雰囲気は良好です。色も秋月(濃)、初月(淡)で違うのが良くわかります。

 前部マストは雰囲気は良いのですが太いです。後部マストは組み立ての簡易化のため三脚を1本のパーツで表現しています。うまく凹凸をつけているため、3本に見えなくもないです。

 ここは好みの問題ですがキットのままとするのも全然OKです。この場合は以下の缶スプレー色合わせも不要となります。

 しかし、管理人は他の模型との兼ね合いでマストは金属線、レーダー(22号電探)はエッチングパーツに交換することとしました。

 後部マストは全交換です。前部マストは上部のみ交換しました。前部マストは複雑な形状なので簡略化もアリです。キットでは接着剤不使用でよくここまで複雑な形状を再現したと感心しました。

 これら金属部分は艦艇色を塗る必要があるので色合わせをします。管理人は手間を減らすためスプレー缶塗装です。まず最初に、スプレー色(全6色)を塗装した色見本と比べ近い色があるかを確認しました。

 その結果、暗めの秋月はGSIクレオス横須賀工廠海軍色32、明るめの初月はGSIクレオス呉工廠海軍色SJ-1で塗装することにしました。

 艦NEXTの多摩を作成した時も同じ方法で色合わせしたのですが、組み立ててみるとイマイチ色が合わず塗りなおしています。しかし改めて多摩の成型色を確認すると秋月、初月とも違う色で成型されており、そもそも近い缶スプレー色が無かったというのが結論でした。

 こうした場合はあきらめて艦艇色をスプレー塗装しなおすのも手です。

 マストとエッチングパーツ(電探)だけ成型色に近いスプレー色で塗装した完成写真です。

フジミ模型艦NEXTシリーズ
駆逐艦 秋月、初月
FUJIMI Kan-Next 
Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki
フジミ模型艦NEXTシリーズ
駆逐艦 秋月、初月
FUJIMI Kan-Next 
Destroyer Akitsuki, Hatsutsuki

 今回は色合わせがうまくいったこともあり、船体部分は無塗装で完成できました。マストを金属線に変更してよかったと感じる瞬間です。

 その一方、マストの金属線化だけで船体組み立てと同じくらいの時間がかかったので、ストーレート組みでサクサク作るのと迷う所です。良ければこの記事も参考にして選択してみてください。

Amazon
フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.16 日本海軍秋月型駆逐艦 秋月/初月 昭和19年/捷一号作戦 色分け済み プラモデル 艦NX16

楽天
フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.16 日本海軍秋月型駆逐艦 秋月/初月 昭和19年/捷一号作戦 色分け済み プラモデル 艦NX16

タイトルとURLをコピーしました