架空特設巡洋艦 崎戸丸 / Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru

架空軽巡洋艦 崎戸丸 Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru 1/700 アオシマ Aoshima 架空艦 / Fiction ships
架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima

 実史では、日本郵船S型の貨客船に陸軍の対空砲を装備し基幹防空船となった船です。この状態の模型がフジミ模型より発売されています。しかし、郵船S型は速力もある優秀船だったため特設巡洋艦としての改造計画も実際にあったそうです。作製のお供(資料紹介)に載せた”世界の舷窓から”P96に特設巡洋艦に改造が計画案の図面が載っています。少し歴史が変われば本当に登場しそうなリアリティがあったため作製してみました。

 ベースキットは乾舷高さ、甲板のモールドの点からフジミの崎戸丸ではなく、アオシマの神川丸級特設水上機母艦をベースにしてそれらしく改造しました。商船のジャンクパーツが潤沢にあったので簡単な作業で架空特設巡洋艦の完成です。

 こうした艦で困るのが迷彩塗装です。特設巡洋艦では迷彩で有名な愛国丸報国丸粟田丸赤城丸があるのですがリアリティがある迷彩を作るのは中々骨が折れます。迷彩の有無が判っていない護国丸では、他の艦の迷彩をマネて塗装しましたが、本艦も 世界の舷窓 P101掲載の宏川丸をマネた迷装にしました。当サイトですでに紹介の宏川丸とは異なるパターンです。

模型水線間長 21.4cm

武装:14cm単装砲6門、53cm連装魚雷発射管2基、8cm単装高角砲2基、25mm単装機銃2基
想定時期:1942

架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima
架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima
架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima
架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima

 参考にした図面には水上偵察機の設置位置もかかれていたので搭載してみました。給糧艦間宮でも水偵の運搬実績があったので設置はあり得たかもしれません。

アオシマ 1/700 特設水上機母艦君川丸 改造 架空特設巡洋艦 崎戸丸
Aoshima 1/700 Converted Marchant Seaplane Tender Kimikawa maru remodeling into
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru

架空軽巡洋艦 崎戸丸
Fiction Converted Marchant Cruiser Sakito maru
1/700
アオシマ
Aoshima
情景写真

 架空艦なので情景的な写真も入れてみました。実在の写真のように見えると良いのですが。写真の撮影/加工方法は情景写真への道1(停泊水上艦)をご覧ください。

発売年:2015(ベースキット、君川丸)
 アオシマの君川丸級(神川丸、國川丸、聖川丸)のキットでも問題ないです。キットの違いがある艦載機用の甲板は使わないためです。

<Amazon>
青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本海軍 特設水上機母艦 君川丸 プラモデル 562

<楽天>
1/700 ウォーターライン No.562 水上機母艦 君川丸【09765】 プラモデル アオシマ

タイトルとURLをコピーしました