重巡洋艦 最上 (1943)/ Heavy Cruiser Mogami

重巡洋艦 最上(1943) Heavy Cruiser Mogami 1/700 フジミ模型 Fujimi 重巡洋艦 / Heavy Cruiser
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi

 重巡洋艦最上型の1番艦で1943年に航空巡洋艦に改装された姿を模型化したものです。1944年2月には更に機銃増設などの改装が行われた状態でマリアナ沖、レイテ沖の両海戦に参加しています。ミッドウエー海戦で艦後方の4及び5番主砲に大損害を被っており、これが最上型で本艦のみが航空巡洋艦に改装された一因のようです。

 航空機は水上爆撃機的な機体で攻撃能力が高い瑞雲11機を搭載する予定でした。しかし、1944年中頃までは零式水上偵察機4機、零式水上観測機3機を搭載していたとあり、この模型でもそれに倣っています。当初計画の瑞雲を搭載せず航空での攻撃力を持てなかったのは、航空戦艦に改装された伊勢、日向と同様です。仮に瑞雲を搭載できたとしても強大な航空機の運用力を持つ米海軍にどこまで抗することが出来たかは微妙ですが。

 模型はフジミ特有の高密度なモールドが施された高精細なものです。フジミの最近の模型の特徴として、煙突の蒸気捨管が別パーツ化されている事があげられます。煙突は艦中心部の目立つ場所にあるのでここに立体感がでると模型全体がイイ感じに高精度化します。艦後半部を航空機運用にした巡洋艦には最上の他、利根型(利根、筑摩)、大淀がありますがいすれも構造が異なっています。

 最上は艦橋以降の上甲板との同一平面上にカタパルト、飛行甲板が設置されているのでカタパルトと飛行甲板に段差がある利根型より、航空機の運用が容易と推測します。実際、レイテ沖海戦でも沈没直前まで活発に偵察機の運用を行っていました。改造艦ですが航空巡洋艦の一つの完成形なのかもしれません。現在の一部の自衛艦にもつながっていると思います。

重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi

模型水線間長 28.3cm
エッチングパーツ使用(電波探知機(レーダー)、カタパルト)

重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi
重巡洋艦 最上(1943)
Heavy Cruiser Mogami
1/700
フジミ模型
Fujimi

フジミ模型 1/700 重巡洋艦 最上 (1943)
Fujimi 1/700 Heavy Cruiser Mogami

発売年:2012
同型艦の他社模型(発売年):タミヤ(2002)

<Amazon>
フジミ模型 1/700 特シリーズ No.73 日本海軍航空巡洋艦 最上 昭和19年 プラモデル 特73

<楽天>
フジミ模型(FUJIMI) 1/700 特73 日本海軍航空巡洋艦 最上 昭和19年

タイトルとURLをコピーしました